« 安倍改憲論を支持 | トップページ | 非核の誓いⅠ(グヘヘヘヘヘッ) »

2017年5月16日 (火)

憲法96条に効力なし

憲法改定均衡の理論

今ある平和憲法を決定するときは議会の多数決で決めたが、そこでの改訂条文(96条)は議会の3/2以上による議決⇒国民の過半数による賛成と厳しくしてある

これは無効である

100人のうち二人で、この二人だけのために都合よく中身が決めてあるような法律を決定し、その中で、今後この法律を改定したければお前ら過半数の賛成が必要だからわかったかと言っているようなものだ

憲法設定時の条件を超えて、もっと厳しい改定条件を、設定時の緩い条件で決めるということは本質において違法である.1+1=3だとすることにせよと命令しているに等しい

∴96条は無効である.まず96条を無効にせよ

外国人が作った駄文憲法に意味はない

踏み躙ったとて何の差し支えはない

憲法自体が原理的(a-priori)に違法なのである

« 安倍改憲論を支持 | トップページ | 非核の誓いⅠ(グヘヘヘヘヘッ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566982/65285971

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法96条に効力なし:

« 安倍改憲論を支持 | トップページ | 非核の誓いⅠ(グヘヘヘヘヘッ) »