« 一路一帯事業とAIIBに参加の余地あり(首相) | トップページ | 国民の堕落とともに天皇も堕落せり »

2017年6月 8日 (木)

ユダ金とトランプの戦い

 1.アメリカのマスコミ、国会議員、官僚、財界、それにCIAとFBIがユダ金の手下であり、トランプを苛めている
そのため高級官僚の人選と任命が殆ど進んでいない
ペンタゴン(国防省)はユダ金に屈服していない
トランプは頑張ってもらいたい
2.安倍首相はユダ金に脅かされていて、日本の農業までモンサントやカーギルに売り渡そうとしている
(種子法の廃止、農協を潰すなど)
モンサントは遺伝子組み換え種や特殊農薬を持って日本農業を支配しようとしている
安倍さんは田中角栄みたいな目に遭いたくなくて必死だ.自分さえ助かればいいとまでは思いたくないがね.

 3.ロシアはユダヤ人に対する迫害追放虐殺の長い歴史を持つ.アメリカがロシアを敵視しているのは、アメリカのユダヤ資本が主体だ.ロシアが今度の大統領選挙でトランプを支援したのは、トランプがユダヤ資本の手下でないからで、今回これをFBIが摘発している.

« 一路一帯事業とAIIBに参加の余地あり(首相) | トップページ | 国民の堕落とともに天皇も堕落せり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566982/65387075

この記事へのトラックバック一覧です: ユダ金とトランプの戦い:

« 一路一帯事業とAIIBに参加の余地あり(首相) | トップページ | 国民の堕落とともに天皇も堕落せり »