« 偽善者青山の核武装反対 | トップページ | パチンコ業界が潰される »

2017年7月 7日 (金)

倒れて後止む

自民党の、「自衛隊が第9条の教えに帰伏する」という憲法改定案が公明党の反対により議会2/3以上の賛成が得られず、単なる試案提起になりそうだ

してみると、我が国は、下等人民が信仰する劣等宗教が民主政治を支配するという、北朝鮮並みの奇怪な後進国なわけだ

弾丸の来ない場所で進撃を呼号して勝手に自分で倒れた.本格提案をして壮烈に倒れてこそ後でそれが生きてくる.殴り倒されて何度もたちあがって物事は成し遂げられる.然るに安全地帯だけを選んで進撃しようとして自分からすっ転んだ卑怯者どもの集団だ

9条:国家戦力の保有と行使

1.侵略抑止・侵略防衛並びに世界平和と国際正義実現のために戦力を持ち戦力を行使することができる

2.侵略目的、ならびに他国がする侵略行為に対する加担目的のために戦力行使をしない

9条をこのように全体改造しないで、今の第1項を残せば自衛権(国権)も否定され、侵略(国際紛争)に対する防衛もできない

« 偽善者青山の核武装反対 | トップページ | パチンコ業界が潰される »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566982/65503416

この記事へのトラックバック一覧です: 倒れて後止む:

« 偽善者青山の核武装反対 | トップページ | パチンコ業界が潰される »