« 未だ対中ODAをしている | トップページ | 大量殺人犯村山富市と、原発事故被害拡張犯人菅直人と枝野幸男 »

2017年8月10日 (木)

自衛隊はくるべき米朝戦争に参戦せよ

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル(転写)
第292号(8月10日)
*北朝鮮、広島を威嚇

 トランプが北朝鮮に「炎と怒り」を込めて警告し、北朝鮮がそれに反発した声明を出す。こうして口でやり合っている間は、戦争にならないから誠に平和な光景だと言う見方も出来ない訳ではない
 だが7月5日号で指摘した通り「世界大戦」は既に始まっている。現代の戦争は情報戦争が中心になっており、情報戦争は別名「見えない戦争」と呼ばれる。つまり米朝のこのやり取りも世界大戦の一コマなのである。

 今日の北朝鮮の声明では、広島県等の上空を通過しグアム島近くに着弾させる作戦計画を検討中だという。北朝鮮の弾道弾には中国のGPSが組み込まれているから、この軌道は中国の承認を得ていることになる。
 もっと言えば他ならぬ中国がこの作戦計画の概要の発表を北朝鮮に命じたのであろう。なぜ命じたかと言えば、上旬にフィリピンの首都マニラで開かれたアセアン地域フォーラムで中国の目論見が外れたからだ。
 この会合では、中国は北朝鮮問題だけを議題にし、中国の海洋進出問題を隠蔽する狙いがあった。もともと中国は米国に北朝鮮問題で影響力を行使する見返りに、中国の海洋進出を大目に見るように働きかけていた。
 それでいて北朝鮮を蔭では支援したのは、北朝鮮問題が大きくなればなるほど、米国は中国に頼らざるを得なくなり、最終的には中国の海洋進出を黙認せざるを得なくなるという読みからである。

 ところが、河野外相は外交デビューにもかかわらず、この問題を公然と持ち出し、世界中に問題の所在を明確にアピールした。これでは夜中にコソ泥に入ったところを撮影されて公表された泥棒の様なもので、「あなたには失望した」との王毅外相の言葉は、勲章と言っていい。
 赤っ恥を掻かされた中国の返礼が、まさに今回の北朝鮮の声明である。被爆地である広島の上空を通過し、米軍の南太平洋最大の拠点グアム島を狙う弾道は、核兵器禁止条約を日本が批准すれば、世界中から核兵器がなくなると思い込んでいる日本のお花畑に除草剤を撒いて見せた。
 
 前号で指摘した通り、中東のISの首都ラッカが陥落しない限り、米国は朝鮮半島に空母3隻を展開できない。2隻でも攻撃可能だが、湾岸戦争の様な完全試合を望むのであれば空母3隻は欠かせない。
 見えない戦争(情報戦争)はやがて、見える戦争(正規戦)に転化する。その時期は早くて年末、遅くとも来年前半であろう。

解説:

1.「被爆地である広島の上空を通過し、米軍の南太平洋最大の拠点グアム島を狙う弾道は、核兵器禁止条約を日本が批准すれば、世界中から核兵器がなくなると思い込んでいる日本のお花畑に除草剤を撒いて見せた」とありますが鍛冶先生にしては読みが甘い.

日本の花畑人種は土地丸ごと撤去するか、焼き払わなければ絶滅しません.極めてしぶといのです.除草剤では効き目はありません
2.米朝戦争が始まれば我が国は全戦力を動員して参戦せよ.

どう転んでも我が国にミサイルを撃ち込んでくる以上、そうしなければならない訳だ

 

 

« 未だ対中ODAをしている | トップページ | 大量殺人犯村山富市と、原発事故被害拡張犯人菅直人と枝野幸男 »

コメント

初めまして。
私の周囲には、未だに話し合いで解決云々を言っている人が多いです。
そろそろ、覚悟を決める時期かと思っています。
angry

星秋より
コメントをありがとうございます
話し合いはとても無理です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566982/65647173

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊はくるべき米朝戦争に参戦せよ:

« 未だ対中ODAをしている | トップページ | 大量殺人犯村山富市と、原発事故被害拡張犯人菅直人と枝野幸男 »