« 大量殺人犯村山富市と、原発事故被害拡張犯人菅直人と枝野幸男 | トップページ | 敵基地攻撃論が盲論だ »

2017年8月12日 (土)

トランプ大統領は戦争をしたくないだろう

1.

アメリカが北朝鮮を破壊した後始末は中国がする.

破壊後の北朝鮮の地上や地下にはウランやプルトニゥムがむき出しで散乱している.

爆撃による死体も散乱している

しかし、中国は、アメリカの陸軍部隊が、38度線を越えて北朝鮮に入ることを嫌い、北朝鮮はおれが貰うと言っている

アメリカが来れば人民解放軍を出して戦うとほざいている

中国は、戦乱後に旨く傀儡国を手に入れたがっている

中国は放射能とともに、破壊と同時に降りかかる面倒な仕事、即ち、北朝鮮人民の、即今、今日からの生活を見なければならないという問題を抱えるが、人民が何百万人死んでも、「別に、それで?」という調子で気にかけない奴らだ.

急に国連安保会議が開かれて関係各国共同管理という体面を言い出し、それが通れば、

イラク戦争のときのように、「兵も出さないで安逸を手に入れた日本」だとなじられて大金をふんだくられるが、平和憲法を廃棄できないでいたのだから自業自得だ

アメリカにとって大したメリットは何もない.危険な反米核武装国を始末したともいえるが、北朝鮮のくそデブは父子相伝でアメリカと仲良しにしてもらいたがっていた

核拡散の本家は実はロシアと中国で、反米国に対してならためらうことなく核を供与している.実際、北朝鮮の核は大部分ロシアと中国が育てたものだ

アメリカは戦争がしたくない

上に述べたような事情があるからしたくないのだ.だから中距離核ミサイルまでは認めるがアメリカに届くようなミサイルは許さないなどとトーンダゥンしてしまっているのである

 

2.

北朝鮮はグァムの海域にミサイルを打つ気はない

確実にアメリカの攻撃を呼び込むからだ

いかにもそうする気があるかのように、こけ脅しをして体面を保とうとしたのである

本当にしたいのなら、わざわざ「島根高知広島を通る」などと言わない

迎撃して撃ち落としてくれというようなものだからである

(しかし、仮に発射したとしても迎撃には多分失敗するはずだ.迎撃ミサイルなど、あんなものが役に立つ筈がない)

しかも北朝鮮は、「射程3356.7キロ、飛行時間17分45秒でグァム島30~40キロの海上に落ちる」などと軍事秘密の暴露みたいなことまでほざいてけつかるが、本当にする気がないからお気楽なのだからだ

« 大量殺人犯村山富市と、原発事故被害拡張犯人菅直人と枝野幸男 | トップページ | 敵基地攻撃論が盲論だ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566982/65654246

この記事へのトラックバック一覧です: トランプ大統領は戦争をしたくないだろう:

« 大量殺人犯村山富市と、原発事故被害拡張犯人菅直人と枝野幸男 | トップページ | 敵基地攻撃論が盲論だ »